第7問-折り返しの速さ

★★★★★☆(算オリ・灘中受験生レベル)

算数星人のWEB問題集では,2019年度 灘中入試の算数の解説速報を1月19日の試験当日におこないました。
 
次年度の受験生や,算数に興味を持っている大人の方にとって,このサイトの解説が少しでも参考になれば幸いです。
 
 

灘中1日目


問題文
A地点とB地点を結ぶ道を,太郎君はAからBへ,次郎くんはBからAへ向かって,それぞれ一定の速さで同時に走り始めました。2人の間の距離は3分間に1kmの割合で縮まりました。途中,2人はC地点で出会うとすぐに折り返し,速さをそれぞれ時速1kmだけおとして,来た道を戻りました。2人はそれぞれA,Bに到着してすぐに折り返し,Cよりも130mだけAに近いD地点で再び出会いました。Dで出会った2人はまたすぐに折り返し,速さをさらにそれぞれ時速1kmだけおとして,来た道を戻りました。そして,2人はそれぞれA,Bに到着してすぐに折り返し,Dよりも□mだけAに近いE地点で出会いました。
2019年 1月19日(土)試験当日実施
(解説速報は灘中入試1日目試験のみです)
 
 

解説



算数星人
「速さの差が等しい」このことを軸で考えてみました。
次郎のほうが速いということは,◯数字の関係から判明していきますね。
 
(2019年1月19日記述)
 

タレコミ

 

タレコミ

 
 

 
2018年度以降の記事はこちらをご覧下さい。
2018年度 灘中解説速報
2017年度 灘中解説速報
2016年度 灘中解説速報
 

灘中受験生の皆様へ
解説速報の企画はlogix出版が独自の情報として提供するものです。従いまして正誤を保証するものではありません。当内容による自己採点(答え合わせ)は控えて頂くよう切にお願い致します。

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室