四天王寺中-立体の影

★★★★☆☆(中学入試難関校レベル)

印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。志望校への腕試しや,重要項目の確認に是非ご活用下さい。
実際の試験を改訂しているものもあるのでご了承下さい。
 
 

四天王寺中


問題文
床の上に,立方体から直方体を切り取った図1のような立体が置いてあります。また,床からの高さが4cmのところに電球があります。
真上から見て図2のAの位置にある電球を高さが4cmのままBの位置までまっすぐ動かすとき,床にできたかげが通過する部分の面積を求めなさい。ただし電球の大きさは考えないものとします。
 
 
 

解説





算数星人
立体の影は過去にも出題がありましたが,十分な対策を取り組んで望んだ受験生は意外と少なかったのではないでしょうか。
 
(参考)【今年の1問】2013年-四天王寺中「立体の影」
 
ただがむしゃらに線を引くのではなく,地面にできる影は拡大図形であることを押さえておくべきだと思います。
 
ちなみに,他校も含め2019年度は影の出題が例年よりも多めです。

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室