⑤ 正四面体と正四角すい

★★★★★★(大人レベル)

大人のための算数。それが最上級問題です。
算数を極めたい大人の方向けのコーナーです。中学入試の難易度を超えた難問や良問をぜひお楽しみ下さい。
 
 

最上級問題

最上級問題

問題文
(図1)の正四面体と(図2)の正四角すいは,辺の長さがすべて等しい立体です。この2つの図形において,点Aから色のついた面に下ろした垂線の長さの比を求めなさい。ただし,(図2)の点D,Eは辺AB,AC上にある点で,AD:DB=AE:EC=2:1です。
 

 
 
問題の答え合わせをTwitter上で随時受け付けております。
 
解けた方はお気軽に@sansu_seijin宛につぶやいて下さい。
 
確認ができ次第すぐ返答(○×)させていただきます。お待ちしております!

最上級問題はヒントや解説は準備しておりません。
また,アメブロ企画であった「正解者の掲載」は終了しました。今後は答えや解法をツイートしていただいても結構です。

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室