No.015 立体図形

★★★★★☆(算オリ・灘中受験生レベル)

灘中学校を目指している受験生のために。1日目2枚目(図形問題の単問)の予想問題をオリジナルで作成しております。
 
 

灘中模試

n015-01

問題文
(図1)は一辺が40 cmの4枚の正三角形でできている容器で,点線を折り目にして折り曲げて(図2)のような容器Aをつくりました。点線は一辺の長さが30 cm,20 cm,10 cmの正方形です。いま,上からこぼれるまで水を入れるとき,容器Aに入る水の量をV,容器Aの上下を逆にしてこぼれるまで水を入れるとき,容器Aに入る水の量をWとします。このときV:W=□:□です。ただし,容器の厚さは考えません。
 

 

算数星人
相似比と体積比の関係をしっかり理解できていたら,それほど難しい問題ではありません。
 
この問題の答えはfacebookで掲載しております。

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室