(算数オリンピック)
1996年 ファイナル

難易度:
★★★★☆☆
中学入試難関校レベル

 
小学生の知の祭典 算数オリンピック!!
受験算数のトレンドを牽引するような新傾向問題の出題が多いことで有名でしょう。その中でも極めて高級な良問,面白い問題をできるだけ取り上げていきたいと思います。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

算数オリンピック 1996 ファイナル

算数オリンピック 1996 ファイナル
(問題文)
円周上に点がいくつかならんでいます。これらの点を1つおきに直線でつないでいったところ,すべての点を通って,はじめの点にもどりました。色のついた角度の合計が2700度のとき,円周上に点はいくつありますか。
 
 
 

〈解説〉

算数オリンピック 1996 ファイナル解説
 
…コメント…
 
この問題の難しさは全体が途中で切れていることですね。
答えは奇数なので,五角形→七角形→九角形→… と規則性を調べても良いと思います。
 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

twitter

facebook