【今年の1問】
筑波大附属駒場中(2015年)

難易度:
★★★★★☆
算オリ・灘中受験生レベル

 
印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

【今年の1問(2015年度)】筑波大附属駒場中

筑波大附属駒場中(2015年)平面図形
(問題文)
AD=6cm,BC=20cmの台形ABCDがあります。QC=10cmで,三角形ABPと三角形PQRの面積が等しくなるとき,BPの長さは何cmですか。
 
 
 

《解説》

筑波大附属駒場中(2015年)解説01
筑波大附属駒場中(2015年)解説02
筑波大附属駒場中(2015年)解説03
筑波大附属駒場中(2015年)解説04
 
…コメント…
 
面積が等しい三角形が登場したときに,まずこの補助線を引くのは算数星人のいつものクセでございます(^^♪
 
灘中などでもよく出題されるような平面図形の難問でとても役立ちます。
 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

(関連記事)
こんな問題にもチャレンジしてみよう♪

twitter

facebook