滝中-立体の切断

★★★☆☆☆(中学入試標準レベル)

印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。志望校への腕試しや,重要項目の確認に是非ご活用下さい。
実際の試験を改訂しているものもあるのでご了承下さい。
 
 

滝中

滝中(2015年)立体の切断

問題文
直方体ABCD-EFGHを3点B,I,Gを通る平面で切りました。底面の長方形の対角線は5cmで,CD上の点IはDI=1cmです。さらに,3点A,E,Gを通る平面で切るとき,切り口の図形の面積を求めましょう。
 
 
 

解説

滝中(2015年)解説01
滝中(2015年)解説02
滝中(2015年)解説03

算数星人
今回の問題は簡単でしたが,
立体の問題において,1面1面に注目して長さや辺の比を求める技術(作図)を身に付けて置きましょう!
「平面化を制するものは立体図形を制す!」とでも言っておきましょう(^_^;)

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室