【今年の1問】
滝中(2015年)

難易度:
★★★☆☆☆
中学入試標準レベル

 
印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

【今年の1問(2015年度)】滝中

滝中(2015年)立体の切断
(問題文)
直方体ABCD-EFGHを3点B,I,Gを通る平面で切りました。底面の長方形の対角線は5cmで,CD上の点IはDI=1cmです。さらに,3点A,E,Gを通る平面で切るとき,切り口の図形の面積を求めましょう。
 
 
 

《解説》

滝中(2015年)解説01
滝中(2015年)解説02
滝中(2015年)解説03
 
…コメント…
 
今回の問題は簡単でしたが,
立体の問題において,1面1面に注目して長さや辺の比を求める技術(作図)を身に付けて置きましょう!
「平面化を制するものは立体図形を制す!」とでも言っておきましょう(^_^;)
 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

twitter

facebook