【今年の1問】
甲陽学院中-2日目(2017年)

難易度:
★★★★☆☆
中学入試難関校レベル

 
印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

【今年の1問(2017年度)】甲陽学院中(2日目)


(問題文)
水平な地面の上に,底面の円の半径が3m,高さが3mの円柱が立っています。この円柱の底面の中心から6m離れた地点に高さ6mの柱が地面と垂直に立っていて,その先に電灯がついています。電灯の光によって地面にできた円柱の影の面積を求めなさい。ただし,円柱の真下の地面は除きます。また,1辺が6mの正三角形の面積を15.6m2とします。
 
 
 

《解説》




 
…コメント…
 
2013年度の影の問題をバージョンアップした問題でした。
 
甲陽学院では定番の「作図→正三角形の発見」の流れのある問題でした。
(今回は正三角形というよりも三角定規でしたが)
 
甲陽の受験生は作図力をますます鍛えていく必要があるように感じた問題でした。
 
少なくともキレイな円を素早く描く練習は積んでおきましょう。
 
参考→【今年の1問】甲陽学院中-1日目(2013年)
 
 

 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

twitter

facebook