(算数オリンピック)
2018年 ファイナル

難易度:
★★★★★☆
算オリ・灘中受験生レベル

 
小学生の知の祭典 算数オリンピック!!
受験算数のトレンドを牽引するような新傾向問題の出題が多いことで有名でしょう。その中でも極めて高級な良問,面白い問題をできるだけ取り上げていきたいと思います。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

算数オリンピック 2018 ファイナル


(問題文)
大きさが同じ2個の正十六角形が,頂点Pで重なっています。図の角BADと角CADの大きさが等しくなるように重ねたとき,角度X(角ADE)を求めなさい。ただし,図は正確とは限りません。
 
 
 

解説




 
…コメント…
 
難易度が高く驚いた受験生が多かったのではないでしょうか。
 
備え付けの図の上に線を引いてもなかなか発見出来ないので,正三角形を発見するには,改めてざっくりした作図をし直す必要があったかもしれません。
 
その際に,円を作図できておれば,今回の性質に気がつくことが可能だったかも。。。
 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

(関連記事)
こんな問題にもチャレンジしてみよう♪

twitter

facebook