第93問 立方体と球

★★★★☆☆(中学入試難関校レベル)

思わず「お~~!!」と言いそうな良問を。受験算数の定番からマニアックな問題まで。図形ドリルでは,色々なタイプの図形問題を取り上げています。
 
 

図形ドリル

93m-01
立方体と球(半径1 cm)は,立方体の各辺の真ん中の点で球が接するように重なっています。(点A~Dは各辺の真ん中の点です。)いま,球面上にそってA→B→C→Dと移動するとき,最短距離は何cmですか。
 

 
 
問題の答え合わせをTwitter上で随時受け付けております。
 
解けた方はお気軽に@sansu_seijin宛につぶやいて下さい。
 
確認ができ次第すぐ返答(○×)させていただきます。お待ちしております!
 
 
 
 
 

ヒント

図形ドリル93ヒント

算数星人
中点から中点に移動すると60度の曲線を描きます。

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室