西大和学園中-平行四辺形と比

★★★★☆☆(中学入試難関校レベル)

印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。志望校への腕試しや,重要項目の確認に是非ご活用下さい。
実際の試験を改訂しているものもあるのでご了承下さい。
 
 

西大和学園中


問題文
平行四辺形ABCDについて,AP:PB=2:1,BQ:QC=3:1,点Rは辺CDの中点です。DPとAQ,ARと,交わる点をそれぞれS,Tとするとき,PS:TDは何対何ですか。
 
 
 

解説

>


算数星人
普通はPS:SDとPT:TDを求めてPS:ST:TDを導くのですが,この問題に限るとこういう解き方もありな気もします。
 
あくまでも紹介で,この方法を推奨しているわけではありませんのでご理解下さい。
 
 
 
(お知らせ)西宮北口で図形NOTE算数教室開講
↑クリックするとお知らせページへ
 
算数星人
2020年3月2日より西宮北口で図形NOTE算数教室の授業がスタートします。
 

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

上本町と西宮北口の図形NOTE算数教室