栄光学園中-正六角形の反射

★★★★☆☆(中学入試難関校レベル)

印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。志望校への腕試しや,重要項目の確認に是非ご活用下さい。
実際の試験を改訂しているものもあるのでご了承下さい。
 
 

栄光学園中



問題文
1辺の長さが1cmの正六角形ABCDEFの内部を,まっすぐに進む点Pの道すじを考えます。点Pは辺に到達すると,(例)のようにはね返ります。ただし,頂点に到達した場合は,そこで止まります。はじめに辺CDではね返り,さらにもう1回はね返った後,次に到達する辺または頂点を考えたとき,到達できない部分があります。その部分の長さの合計は何cmですか。
(例)印をつけた2つの角の大きさが等しくなるようにはね返る。
 
 
 

解説




算数星人
正六角形の反射は最難関校ではたまに出る内容です。
 
この問題では,解くための手順は当然として,深い理解力と分析力が問われました。
 
 
 
(お知らせ)西宮北口で図形NOTE算数教室開講
↑クリックするとお知らせページへ
 
算数星人
2020年3月2日より西宮北口で図形NOTE算数教室の授業がスタートします。
 

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

上本町と西宮北口の図形NOTE算数教室