西大和学園中-等積変形

★★★★☆☆(中学入試難関校レベル)

印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。志望校への腕試しや,重要項目の確認に是非ご活用下さい。
実際の試験を改訂しているものもあるのでご了承下さい。
 
 

西大和学園中-男子

西大和学園中(2014年)

問題文
長方形ABCDと三角形BCEがあり,DEとBCの交点を点Fとします。また,辺AB上にAG:GB=3:1となるような点Gをとり,点Gと点Fを結びます。FC=6 cm,BE=3 cmのとき,三角形AGFの面積は□cm2になります。ただし,3点A,B,Eは一直線上にあります。
 
 
 

解説

西大和学園中(2014年)解説01
西大和学園中(2014年)解説02
西大和学園中(2014年)解説03

算数星人
けして簡単ではない問題なのは確かでしょう。
限られた時間の中で解法をひらめかない場合は,飛ばしてあとでじっくり考えるべき問題でしょう。
 
もちろん,言われてみれば「あ~!」って分かるのですが。。。
問題で与えられている条件から,どのように解きほぐしていくか。
受験生の思考力が問われる西大和らしい図形の単問ですね。

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

大阪上本町にある図形NOTE算数教室