(2016年)灘中入試解説速報
第7問-反射の問題

難易度:
★★★★★☆
算オリ・灘中受験生レベル

 
 
算数星人のWEB問題集では,2016年度 灘中入試の算数の解説速報を1月16日の試験当日におこないました。
 
次年度の受験生や,算数に興味を持っている大人の方にとって,このサイトの解説が少しでも参考になれば幸いです。
 
 

2016年 灘中学校(1日目)第7問

nada2016sansu-07-01
(問題文)
光が鏡で反射するときには,図1のように角アとイが等しくなります。図2は,2枚の鏡OX,OYで,光が何回も反射する様子を表しています。1回目に反射する点がP,2回目に反射する点がQです。4回目に反射する点が,反射する点のうちでOに最も近い点となるとき,角ウの大きさは,最も大きくて[①]度,最も小さくて[②]度です。ただし,Oに最も近い点は2個以上あってもよいものとします。
 
 
 

《解説》

nada2016answer-07_01
nada2016answer-07_02
nada2016answer-07_03
 
…コメント…
 
「できた」と思っても,フタを開けてみると不正解だった受験生が多かった問題ではないでしょうか。
 
根本的に光の反射が理解できていることはもちろんのこと,見直しなどの吟味力が試されていた問題でした。
 
(2016年1月16日記述)
 

 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

twitter

facebook