【今年の1問】
栄光学園中(2018年)

難易度:
★★★★☆☆
中学入試難関校レベル

 
印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

【今年の1問(2018年度)】栄光学園中


(問題文)
底面の半径が10cm,高さ20cmの円柱の容器と,底面の半径が5cm,高さが10cmの円柱のおもりA,底面の半径が4cm,高さが20cmの円柱のおもりBがあります。ある高さまで水が入った容器に,A,Bの順におもりを入れたときとB,Aの順におもりを入れたときとでは,2つ目のおもりを入れる前と後の水位の差が等しくなりました。容器にはもともと何cmの高さまで水が入っていましたか。ただし,水はあふれなかったものとします。答えは四捨五入をして小数第1位までで答えなさい。
 
 
 

《解説》



 
 
 
…コメント…
 
色々と複雑な文章が書かれていますが,結局のところ「Aのみを入れたときとBのみを入れたときの水位が等しい」これが気づけばそこまで難易度の高い問題ではありませんでした。
 

 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

twitter

facebook