(算数オリンピック)
2018年 ファイナル

難易度:
★★★★★☆
算オリ・灘中受験生レベル

 
小学生の知の祭典 算数オリンピック!!
受験算数のトレンドを牽引するような新傾向問題の出題が多いことで有名でしょう。その中でも極めて高級な良問,面白い問題をできるだけ取り上げていきたいと思います。
(問題の表記など一部変更しています)
 
 

算数オリンピック 2018 ファイナル


(問題文)
図のように,AB=ADであり,角B+角D=180度であるような四角形ABCDがあります。辺BC上にCP=CDとなるよう点Pをとったところ,角BAPと角ABPの大きさの比が7:9になりました。このとき,四角形ABCDの角Dの角度を求めなさい。ただし,図は正確とは限りません。
 
 
 

解説



 
…コメント…
 
2つの角度の和が180度などの条件で,図形を移動させて二等辺三角形をつくるタイプの問題は,触れたことのある受験生が少なくはなかったのではないでしょうか。
 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

(関連記事)
こんな問題にもチャレンジしてみよう♪

twitter

facebook