清風南海中-平行四辺形と比

★★★★☆☆(中学入試難関校レベル)

印象に残った入試問題の良問を「今年の1問」と題して取り上げています。志望校への腕試しや,重要項目の確認に是非ご活用下さい。
実際の試験を改訂しているものもあるのでご了承下さい。
 
 

清風南海中


問題文
図のような平行四辺形ABCDがあり,AP:PB=BS:SC=CQ:QD=3:1で,RはADの真ん中の点です。PQとRSの交点をTとします。このとき,PT:TQ は何対何ですか。
 
 
 

解説




算数星人
なかなかこういった考え方を取得できるのは簡単ではないように思います。
 
多くの受験生にとって一度は練習しておきたい良問です。
 
 
 
(お知らせ)西宮北口で図形NOTE算数教室開講
↑クリックするとお知らせページへ
 
算数星人
2020年3月2日より西宮北口で図形NOTE算数教室の授業がスタートします。
 

Editor

算数星人/カワタケイタ

当サイトの管理人&問題解説の作成者で,通信教育 図形NOTEなどを手がけるlogix出版の代表をしています。ふだんは大阪上本町の算数教室で授業をしております。

算数星人PR

中学受験の通信教育 logix出版

上本町と西宮北口の図形NOTE算数教室