(2016年)灘中入試解説速報
第10問-平面図形(難問)

難易度:
★★★★★☆
算オリ・灘中受験生レベル

 
 
算数星人のWEB問題集では,2016年度 灘中入試の算数の解説速報を1月16日の試験当日におこないました。
 
次年度の受験生や,算数に興味を持っている大人の方にとって,このサイトの解説が少しでも参考になれば幸いです。
 
 

2016年 灘中学校(1日目)第10問

nada2016sansu-10-01
(問題文)
図の三角形ABCにおいて,2本の直線ADとBEは点Fで垂直に交わっています。また,
(BDの長さ):(DCの長さ)=3:2
(ABの長さ):(CFの長さ)=3:2
です。このとき,FDの長さはAFの長さの[①]倍で,四角形FDCEの面積は三角形ABCの面積の[②]倍です。
 
 
 

《解説》

nada2016answer-10_01
nada2016answer-10_02
nada2016answer-10_03
nada2016answer-10_04
 

(AF:FDを求める別解)

nada2016answer-10_other01
nada2016answer-10_other02
 
…コメント…
 
受験生の多くが悩んだ図形問題は間違いなくこの1問でしょう!
三角形ABFが見た目から二等辺三角形とおいて解いた受験生が案外正解しているように感じます。
 
今年の灘中を代表する図形の良問だと思います。
 
(2016年1月16日記述)
 

 

twit0609
算数星人(@sansu_seijin

コメントはこちら♪

(関連記事)
こんな問題にもチャレンジしてみよう♪

twitter

facebook